荷作り



いよいよ荷作りです



どんな会場になるのか 楽しみです



11月1日(火)〜11月26日(土)
11:00〜16:00
日・祝休み
北九州し門司区老松町11−7
筺。娃坑魁檻械横院檻娃械隠

カフェと小さなギャラリー おかざき 

気持ち新たに



装いのデザイン展は11/1から
門司港の ギャラリーおかざきにて始まります

教室も終わって ラストスパート
今日は最後の窯があがりました
やすりで手入れをして
水で洗っているところ(写真)です



石をイメージした小さな花器とペンダント
会場をどんな風にディスプレイするか 考えながら仕上げていきます

今回ご一緒させていただく 彫金作家 永木ともこさんは
私の彫金の先生です

全国の彫金作家の作品をセレクトした
デザインアップという お店のオーナーでした

小さなお店でしたが とてもすてきな作品がずらり
私は暁窯で働きながら デザインアップのお手伝いをさせていただいていました

10年前の私は こんな日が来るなんて 思ってもいなかったと思います
駆け出しの私と 作品展をさせていただいて とても感謝しています

永木とも子さんのエレガントで力強い作品もどうぞお楽しみに!
 

衣替えのように



肌寒い季節になると
ざっくりしたセーターにコロンとしたペンダントがよく合います

夏場はチョーカーに使っていたけど 冬はねぇ・・・
そんな時 思い切って紐を変えてみるのもおもしろいですよ

トップの色に合わせて お好みの色 素材を選んで
長さもえらんで・・・

いつでもお気軽にご相談ください


さて 門司港の作品展
写真のペンダントや ピンブローチ ピアス イヤリング・・・
冬の装いにアクセントをつけるアイテム 揃えています

会場には11月1日(火)の初日しかおりませんが
秋の門司港、きっといい時間が待っています

余談ですが私も人町さんも憧れの
高野正幹カルテットが 11月3日 門司港六曜館GIGに来るらしい!
お時間の合われる方 是非!オススメです!JAZZ!!
 

お休みのおしらせ



新色の革紐 麻紐を仕入てきました
少しずつ仕上げていきます

それにしても町はおくんち一色
人町のお手伝いで
くんちがおわるまでは
心が落ち着きません

7.8.9日は人町のお手伝いで
出島はお休みします

 

途中経過



完成まであと一息
お楽しみに!

装いのデザイン展

 

2011年11月1日(火)~11月26日(土)
北九州市門司区老松町11−7
カフェと小さなギャラリー おかざき
11:00~16:00 日・祝休
093−321−0319

門司港といえば・・・ふぐ!
料亭 岡崎の中にあるギャラリーで2人展をすることになりました

エレガントなシルバーのアクセサリーと
わたしの陶のアクセサリー

ちょっと遠方になりますが
機会がありましたら是非お立ち寄りくださいませ

Ring

 

これは何ですか??
まさか・・・

リングです

皮ひもを通してペンダントにもなります

香り(アロマ)のお仕事をしておられる方から
アロマオイルをしみこませるような 陶のアクセサリーなんて
いいじゃないですか
と アドバイスをいただき 作ってみたのでした



私物の無印のシャツと
Mさんから 厄入りのときにいただいた Bohemiansとともに・・・





おいしいところ

 

作りためていたパーツが 
一気に焼きあがっています
それも 新しい釉薬で!
夏の暑さも吹き飛ぶ うれしいひとときです

お皿にのせると お菓子のようにもみえます・・・
これを革紐や麻紐 銀やステンレスで調理?していきます



意外なことに
世の中には さんかく ガ好きな人が多いのです
そして自分もその一人だと気がついた・・・

昨日は友人がひょっこり遊びにきてくれて
いつかしようとおもっていた 麻ひもをきれいに巻き直してくれました
淡々と糸を巻き直す時間が とても楽しく頭の中がリフレッシュされていくのは
なぜだろう
リンドバーグ夫人の 海からの贈り物 を思い出す
そんなひと時でした


予測します

 

最近 新しい釉薬のテストをしました
絵の具とは違って 目に見えている色にはなりません

こんな感じになるはず!と ある程度予測できますが
細かい質感や色目に
驚かされたり 落胆したり 次へのヒントが隠されていたり・・・

本焼の窯をあける日は
ワー!とかエーッ??とかうるさい206号室です





あたらしい記事

もくじ

KHAKIと私について

コメント

これまでの記事

ブログ内検索

そのた

携帯で見る

qrcode