途中経過



第一陣 本焼の窯に入りました
うまく焼きあがることを願って 扉を閉めたのでした

 

10月の教室に参加いただいた方へ

 

あれから 皆さんの作品は 自然乾燥させ
今日素焼きの窯にはいっています(写真は別モノ・・・)

素焼きというのは土の中の水分や有機物を燃やした状態です
自然乾燥 素焼きの段階で 13パーセントくらい縮むので 
このときに よく乾燥させていなかったものは 窯の中で 爆発してしまいます
無理に力がかかった所に クラックが入るのも 素焼きをするとでてきます

明日(11月4日)素焼きした作品を 窯から出し ペーパーで引っかかりや
カスを落とし スポンジで綺麗に拭きあげます(手入れする といいます)
作品によってどんな風に釉薬をかけるか考えて 釉薬がかかってはまずいところに
撥水剤を塗ります
そして釉がけ をします

もしお時間ありましたら 作業しにいらしてください
なんとなく 全体の行程がみえてくる作業だと思います 是非!


たまりんこ



陶でつくるアクセサリー教室 全2回の 1回目は今日で終了しました

小さいパーツをたくさん作った方 大胆なデザインを作った方 
石ころみたいなかっこいいパーツを作った方 大輪の花を作った方・・・

手のひらでつくるたまりんこから いろんなデザインが生まれました

皆さんおっしゃることは 久しぶりに無心になりました とか
自分だけのために使う貴重な時間でした とか・・・

今回は皆さん女性の方で 育児に 仕事に がんばっておられる方ばかり
私も 本当に励みになりました

モノを作ることで 自らと向き合う
これは 自分と 自分以外の世界と向き合うということ

それは小さな世界だろうと 大きな世界だろうと関係ないと思います
お料理を作ることも 洗濯をすることも
立派なクリエイティブな行為

これをきっかけに日常の何気ない仕事の中で
新たな発見や アイデアを見つけられたらいいなぁと 願っています

さて次回は・・・
焼きあがった陶のパーツを麻や革の紐で仕上げます
どんな作品ができあがるのか とても楽しみ!
これから乾燥させて 素焼きをして 釉薬をかけて 本焼きをします
無事に焼きあがることを願って・・・ 

陶でつくるアクセサリー教室 vol.1



昨日から一週間 
陶でつくるアクセサリー教室がはじまりました
今回のテーマは たまりんこ
粘土のお団子からいろんなデザインが生まれます

叩いたり 転がしたり 削ったり・・・
始めは遠慮がちに 土に慣れてきたら大胆に!
皆さん もくもくと 色んな形を作っておられます

作りながら色んなお話をして
人に歴史あり・・・
逆に勉強させられている私です



お天気もよく
午後のクラスは やさしい光が差し込む
206号室でした

楽しい作品がたくさんできて 
焼き上がりが楽しみです!


明日から



いよいよ明日から 陶でつくるアクセサリー教室 が始まります 
10月21日(金)午前中 I クラスのみ
定員になりました
その他はまだ 若干空きがございます
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ 申し込みはこちらから
クリック!



ご予約ありがとうございます



陶でつくるアクセサリー教室
おかげさまで 少しずつ ご予約が入っています

土で作ったペンダントトップに麻紐や革紐で
ペンダントやチョーカーをつくります

日々シュミレーション 
昔 美術の授業をしたときみたいに・・・

寒い季節になると
オシャレしたくなる女子
もちろん男子も!

私だけのペンダント つくってみませんか?
お気軽にお問い合わせください

 

陶でつくるアクセサリー教室 10・11月

 



全2回で陶のぺンダントをつくります

1回目*10月17日(月)〜10月23日(日)

1回目は土でペンダントトップをつくります
テーマは粘土で作ったお団子(たまりんこ)
そこからいろんな形を作っていきます

2回目*11月14日(月)〜11月20(日)

2回目は焼き上がったペンダントトップを
麻や革紐で 編んだり結んだりして仕上げます



お問い合わせ ご予約
お待ちしています


あたらしい記事

もくじ

KHAKIと私について

コメント

これまでの記事

ブログ内検索

そのた

携帯で見る

qrcode