ありがとうございました





 

穏やかな天気の中 たくさんの人で賑わった ナガサキリンネ


初めてお会いする方 久しぶりにお会いする方 なんと学生時代の友人が出店していたり
思いがけず同郷だったり・・・
私のアクセサリーを身につけてきてくださった方 人町のお客様・・・
以前から紹介したいなと思っていた人たちが偶然居合わせたり
 
黙々と出来上がった作品たちが 目には見えない何かを放ち 色んな方を
手招きしてくれたようにも感じました

長崎の町に暮らして8年目の春
今日からまた 新しい気持ちで前に進んで行こうと思えることは
私だけの力ではないと 痛感しています

ありがとうございました
 

ナガサキリンネ 迫る

 


ナガサキリンネが迫ってきました
http://nagasakirinne.com/

今年はアクセサリーに加えて カップと花器を作りました
(正しくは 作っています・・・ 急ピッチ)

椿の灰の釉薬もなんとか うまくいきそうです
(自分に 発破をかけているような・・・)

以前 私のアクセサリーをお買い上げくださった方で
革紐を変えたい 修理をしたい お手入れして欲しい
そんな方がおられましたら 是非 お持ちくださいませ

当日会場ではできないと思いますが
お預かりして 後日お渡しいたします

基本的に 一回目は無料でお直ししています
お気軽に声をおかけください

では もうひとふんばり がんばります
とても楽しい時間です 




お直し

 

紐が緩んできたのでお直しをお願いします

そんな言葉をいただくと とてもうれしいです


ちょうど1年前にお買い上げいただいたチョーカー
麻紐の部分が緩んでいました
全部ばらして革紐部分も締めなおし 
新しい麻紐で巻きなおしました

使い込まれたチョーカーは
持ち主になじんでいて お手入れお直しをすると
新品とは違う 気持ちのよい空気をまといます

シルバーの作品は
使わずにしまっていると 黒く変色します
それをお手入れしていくと シルバーらしい 
落ち着いた光り方をしてきます

そうやって時を重ねて お手入れをして
長く使っていただけるような 作品づくりをしていきたいです




タイル 完成



先週貼ったタイルに目地が入りました
それも左官さん自慢の 土 の目地です
これが本当によくて タイルとの愛称も抜群です
 


時間はかかったけれど
本当に貴重な体験をさせていただいたことに
感謝しています




タイル その後・・・


人町ともどもお世話になっている
ホステルあかりさん

あかりさんの次なる展開である 西坂ハウス

窓からは キャベツのトウが立ったような
ユニークな佇まいのフィリポ教会が見えます

HAG環境デザインの橋口夫妻とあかりさんが
じっくり育てておられる西坂ハウス

その壁の一部に
タイルを使っていただくことになりました

この写真では分かりにくいですが
ゆとり炉の田崎さんの作品もくっついています!

色んな方の協力を得てここまで来たタイルだっただけに
最後の1枚を貼り終えた瞬間は感無量
まだ目地を詰めていないので完成ではありませんが
うれしさのあまり・・・

皆で作り上げるということに
大きなエネルギーを感じます

完成まであと少し
左官さんの技が 楽しみで仕方ありません 
 

ぶどうモチーフ

ぶどうのモチーフは とてもクラシックな感じです
淡水パールがゆらゆらゆれて 
今の季節にぴったり
永木とも子さんの作品です

イヤリングの金具がついていますが
もちろんピアスに換えることもできます

いつものお洋服も また違ってみえる
アクセサリーが持つ 不思議な力です
 

昨日にひき続き 新作案内

この大ぶりのチョーカー
トルコ石が入っています

力強くラインはしなやか
こんなチョーカーを着こなせたら どんなにかっこいいだろう

トップとチョーカーネックが別売りになっています
もちろん今のオメガも似合っていますが
太めの革紐にしたら グッとカジュアルになるのではないかと思います
石と同じ色の紐にしても 面白いのかもしれません

金属なのに温かみがあるシルバー
とても魅力的です


今日は仕事が終わって 新地からバスにのって 戸町のホームセンターへ
帰りのバスは 戸町の旧道 夕暮れ時の海沿いの造船所や番所跡を通りました
タイムスリップしたみたいで とってもよかったです


 


新作が入りました



福岡の彫金作家 永木とも子さんの作品の入れ替えをしました

このリングは前回から展示しています
存在感があるのに フラットで指によくなじむので とても着けやすいのです
表面にゴールドを焼き付けてあるので 奥行きのある表情をしています
リング上下の淵に少しボリュームがあり 使っていくうちに陰影が出て
シルバーらしい 風合いになっていくリングです


sv k18
(中)¥17000(左右)¥15000

カジュアルな服装でも
かっこよく着けられます

アクセサリーは着けたときにその良さが分かります
このリングは特にそう思うのです



やきものと彫金KHAKI
長崎市 出島町10-15日新ビル206
12-17
日月休み


 


結婚指輪

 

仕事がら いつもは着けられないんです
ということで
少し個性的なデザインのリングを お客様と一緒に作りました

末永くお幸せに。。。

タイル



始まりは釉薬のテストピースだったような気がします
「こんな感じでタイルを作って欲しいなー」

それから打ち合わせが始まり
具体的な形が決まり
収縮のテストをして 試作して 
60ある色の中から組み合わせを考えて・・・
私の窯は小さすぎるので ゆとり炉さんの窯で焼成

いろんな方に協力していただいて
先日やっとできあがりました
本当にありがとうございました

お盆明けから施工にはいります
楽しみと不安と同じくらいの気持ちですが
いい壁にしたい思いでいっぱいです




あたらしい記事

もくじ

KHAKIと私について

コメント

これまでの記事

ブログ内検索

そのた

携帯で見る

qrcode