近況

今週は窯たきなので じとーっと 忙しい
あれしてこれして 忙しいのではなく
じとーっと 
気がつけば日が暮れているような仕事だ

だけど今日は外出する用事があったので
気分転換にカメラを持ってでかけることにしたら 
それがすごく楽しかった

用事を済ませて 
友達がいるお店に顔を出して
とある珈琲店でお客さんになって
お酒を飲んだわけでもないのに いい気分になって店を出た

次に借りる本を頭の中で整理しながら図書館へ歩いて行くと
杖をついたお爺さんと足並がそろってしまった

休館日ですね

私もお爺さんも 鞄から がさごそ 本を取り出して返却ポストへ


友達に教えてもらっていた海苔屋さんで焼き海苔を買い
築町の”茂木のおばちゃんとこ”をのぞいたら
はいこれ、500円でよかけんね
といって これくださいなんて 一言も言っていないのに
カマスを8匹ばかりビニール袋にいれられた

まるんままよかよ

となりでお弁当食べてるおばちゃんが 頭おとせば腹もでる
といって実演してくれて
そのぶんも入って9匹になった

まるんまま とはどういう意味だったのかわからないまま
おばちゃんは 次のお客さんに イカはいらんね?といいながら
ビニール袋にイカを入れていた


以前 陶のペンダントを作る教室に参加してくださった方が
その時作ったペンダントをつけておられた
似合っている というより 空気みたいになじんでいて
とってもうれしかった


というわけで 今週は寝る前に読む本もないので

じとーっとがんばります

 

近況

今日は中秋の名月

仕事場の玄関にあるススキをこっそり覗いてみました
まだ穂はでていません



ススキはカヤともいわれ 萱葺屋根にしたり 暮らしに寄り添う植物のひとつ
根は強靭で 開墾するには相当な労力を要するそうです

(料理家の高山なおみさんが 山の家のススキを抜く道具の名前を バッコン とおっしゃっていたのが納得できました)

だけど木陰になったりして 光が当たらなくなると いつの間にか消滅してしまうんだとか・・・
町中ではめっきり見かけないススキ 風が通り抜けると サワサワと乾いた音がなんとも心地よいです  


それから 虫たちの お宿 でもあるのです
秋になるとどこからともなく始まる 虫の合唱も
ここのお宿や あちらのお宿から聞こえてくるんだろうな



いましたよ お客さん!

そんな調子で 今週は菓子皿を作っています
やっぱりラジオを聴きながら もくもくと・・・

お楽しみに

近況





まんまる太ったくちなしの実がなっていました
剪定も兼ねて 一本拝借

最近お世話になっている お気に入りの花屋さんでは
パンパス 磯しば 栗
を買って 人町の花器に生けました

花器に しゅっ と入れて 
ばちっと 決まると この上なく幸せな気分になります


花を生かす器
ふわっと美しいお菓子を生かす器

お互いのハーモニーで完成するような
いい空気感の器が作りたい秋です
























近況


 
何かひとつ用事を済ませる度に 水分補給
もう秋は そこまで来ているはず!という願望のせいか
残暑が体に堪えます・・・

今朝切った冬瓜の切り口の なんと涼しげなこと


以前表札を作りにみえた方と一緒に作ったものを
アクリルで彩色したボードに接着!
何か楽しそうな予感・・・
とりあえず試作です


お待たせしている教室のみなさん
今から釉薬かけです
引越しやら何やらで 時間がかかって申し訳ありません
お楽しみに・・・


お盆

今年は初盆で 久しぶりに会う親戚のおじさんおばさんに
あんた誰かね?お母さんとそっくりたい!
へー長崎に住んどるとね 
など 近況報告

低い天井の 井戸水が出る流しの 木のサッシの台所で
お客さんのお湯のみを洗う
小岱焼のくみ出しを 懐かしく温かく感じた自分に少し驚いた
自分の生まれ育った土地を離れると
そういうアンテナが敏感に働くらしい・・・

従姉と2人 恒例お盆のお茶請けアンコ餅の味が変わっただの
変わってないだのいいながら
幼いころ壁にベタベタ貼ったピンクレディーやキティさんのシールを
眺めながら最近のことを報告し合う
そして お互いにアンコ餅を何個食べたのか 食べてしまったのか打ち明ける



15日長崎市内に入ると精霊流しが始まっていて
久しぶりにハンドルを握った私と精霊船と爆竹の接近戦

ところ変わればこんなにも違う初盆

芸の人であった故人は
もしかしたら長崎の派手なお盆を羨んでいるかもしれないなー




近況



仕事場からみえる景色
これぞ長崎という感じです

出島から移ってちょうど一週間
少しづつ仕事場らしくなってきました 

作る環境、空気感が変わると
作りたいものも変わるという事実 実感中です




今までと時間の使い方がまるで変わって
合間に家事をしたり 外作業したり
とても新鮮で うまくいえないけれど 楽しい・・・

陶芸教室も ゆるーく スタート

それから まだ展示室はうまく作れていませんが
興味のある方はどうぞ のぞいてみてください

長崎市東小島町5-1
茂木街道沿い
090-5946-3620 竹下
*ご連絡いただけると助かります



蛇口をひねると水が出ます

今日も暑い一日でした
みなさんお疲れ様です

今まで井戸から水を汲んで 掃除をしていたのですが
あっさり 水道をつなげていただきました

やっぱり便利



剪定の時期など まるで無視して
大胆に 切っていた百日紅

花が咲いていて ホッ としました

夏の雲のような花です





ありがとうございました そして 草木がモリモリ

やっぱり私は作ることを仕事にしたい

そう思った4年前
日新ビルの1室をお借りすることに

何もない空間に
作業台 たくさんの道具 小さい窯 ・・・
そのうちに作品も増え始め 
仕事場だった空間は 半分が展示スペースになったことで
お店の要素を持つことになりました

不器用な私にとって 1つの空間で仕事場とお店を一緒にすることは
とても難しいことでしたが たくさんの方に見ていただけてお話できたことが
何よりもうれしく励みになりました

昨日7/27で 日新ビルでの営業を終了いたしました
ありがとうございました

引越し先では 仕事場がメインで(8/6より陶芸教室をはじめます)
展示室はまだまだ未完成ですが 作品はご覧いただけますので
お気軽にお尋ねください



草木がモリモリな
長崎市 東小島町5-1
090-5946-3620(竹下)
khaki.risa@gmail.com


出島 あと3日

 今朝は ムーンと立ち込める湿気で
夏の太陽は久しぶりに お休みのようです

いよいよ 今日 明日 明後日 
出島での営業日も残すこと3日となりました

実はスケジュールの関係で
什器を運び出してしまったので ガラン としていますが
お近くにお越しの際はどうぞ のぞいてください



ここひと月 ゆっくりと腰をすえて取り組むことができず
色々思い悩むこともあるけれど 
つべこべ言わずにやってみる
どうも これしかないようです

窓の外の景色も変わって
毎日少しづつでも作り続けることで 見えてくる何かに
答えがあると思っています

答えというものが そもそもなく 
どこかへ向かっている道中が 答えのようなものなのかな
なんぞ考えたりしながら

今朝も黙々と手を動かします
 

日々のこと

 一気に夏がやってきたものだから
だからといって もう30何回も夏を体感しているはずなのに 少し戸惑いながらも
汗をかくのが気持ちよく 体がよく動きます

新しい仕事場の草刈りも 何年越しかの剪定も
掃除も 順調です



こうも暑いと 例えばお買い物に行ってレジをうってくれたお姉さんと
今日は暑いですね と

すれ違い様の通行人の方と
いやーもう暑かねー と

見ず知らずの人たちと心を通わせる?ことができて楽しい気もします

庭の胡瓜も 気を抜くと こんなにもジャンボ!

7/2発売だったオレンジページさんに
KHAKIの紹介を載せていただきました

出島での営業日は木、金、土で
7/27土曜日が
出島での最後の営業日となります
(紙面には誤って7/24(水)と載っているのですが・・・)



永木とも子さんの 淡水パールのピアス
涼しげです

そうなんです
永木さんの作品も27日以降 一旦作家さんに
お返しするので 気になる方はどうぞ お早めにお越しください

そういっておきながら 大変申しわけありませんが
7/18(木)は 午後よりお休みさせていただきます 

 





あたらしい記事

もくじ

KHAKIと私について

コメント

これまでの記事

ブログ内検索

そのた

携帯で見る

qrcode