おしらせ

作り手仲間の作品を見に行く時の緊張感。

丁寧な仕事ぶり、使う人への思い。いろんな意味で嘘のない心。
その人が今までに向き合ってきただろう時間の存在。
そういうことがグルグル回って。

そしていつの間にか 自分もはやく仕事に戻りたい気持ちにすり替わっています。


家具づくりSUR+
松尾篤行さんのKAGU展
浜屋6階 陶磁器催場2/24まで

パンを乗せてるカッティングボードは松尾さんの作品です。(今からなじんでいくんだろうなー楽しみ)
ちなみにパンは近所のちびころさんの ライ麦パンと田舎パン(おいしい!)


 





 

関連する記事
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

あたらしい記事

もくじ

KHAKIと私について

コメント

これまでの記事

ブログ内検索

そのた

携帯で見る

qrcode