ありがとうございました

ナガサキリンネ2014
ご来場くださった皆さまありがとうございました


気が張り詰めると 記憶が飛んでしまうので
11月も既に10日経っていることに驚いているところです。


写真は企画展「湯江紙で創る」に出させていただいた作品です。

この企画展のお話をいただいた時に ある景色が頭からはなれませんでした。
それは車窓からの景色で 朝日に輝く有明海と その向こうに望む雲仙の山々でした。
どこか子供の頃から何気に眺めていた景色と似ていることもあり印象に残ったのかもしれません。
急いで路線図を広げ駅名を探すと そこは湯江という駅のあたりだと分かりました。

その湯江で作られている手漉きの「和紙」と
私がいつも扱っている素材「土」を組み合わせて あの時の景色を形にしてみよう。
そんな想いで作りました。

湯江の和紙は水にひたすと柔らかい表情でちぎることができ
乾くと形状を保ってくれるので 面の動きを表現できます。
断面は柔らかい線を描きます。
扱っていると その柔らかさ自在さに癒されました。

そんな湯江紙の歴史と 現在湯江の和紙を遺そうと活動されておられる方々の
お話を本ナガサキリンネ3にて紹介されています。
(長崎の手仕事 湯江紙 写真・文 六音窯 松尾真哉さん)
 
身近なところに素晴らしい素材があることは そこに暮らす私たちにとって
誇らしいことです。これからも脈々と続いて欲しいと心から思っています。


 

ナガサキリンネ明日11/5(水)より始まります

明日から始まるナガサキリンネ
今日はその中のナガサキリンネ展の設営を行いました
http://nagasakirinne.com/?portfolio=%E3%83%8A%E3%82%AC%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%8D%E5%B1%95 

美術館2F アトリエ

企画展「長崎のつくり手」
美術館2F ホール
企画展「素材の力|ハマ」
企画展「長崎の手仕事|湯江紙」
企画展「湯江紙で創る」



それから明日11/5は夕方6時より 美術館2Fアトリエにてトークショーも行われます

トーク1「長崎でモノをつくる」
http://nagasakirinne.com/?post_type=portfolio&p=4163


私は今回 企画展「長崎の作り手」に加えて
「湯江紙で創る」にも作品をださせていただきました
私を含む10名の県内の作り手が 湯江の手漉き和紙を使って
思い思いの作品を作っています

トークショー ナガサキリンネ展
どうぞごゆっくりご覧いただけたら幸いです


ただいまー

10/27日曜日
熊本 ミドリネコ舎さんでの
ながさき色いろ日曜市場
たくさんの方に足を運んでいただきありがとうございました

ミドリネコ舎さん前にて

あかりさんのマフィン

井手こんにゃくさん

cariocaさん

人町さん

諏訪の杜 竹山君


2F Rouetさんにて
ゆとり炉さん

Petit a Petitさん 坂田焼菓子店さん




そして・・・



あかりさん作の光るジオラマ
『ナガサキスイッチ』
あかりオーナーおすすめの渋い長崎名所が
手前のボタンを押すと光るのです

翌日 阿蘇の北風商店さんに寄り道
仕事で帰らないといけなかった佐世保組がいない ちょっぴり寂しい
集合写真です 

今回のイベントで出会った方々が 私たちが暮らす いつもの長崎に
旅してくださることを期待して・・・ 


 




 

熊本行商 行ってきまーす

10月27日(日)
ながさき色いろ日曜市場 と題しまして
熊本は ミドリネコ舎さんのエントランスと 2階のお洋服屋さんのROUET(ルーエ)さん に
おじゃましてまいります


若干遠足気分のお弁当 一日前なのに・・・

Hostel AKARIさんは 眼鏡橋のすぐ近くで ゲストハウスをされています
そのお仕事ぶりは実に誠実でクール いつも私たちをリードしてくれる頼もしいあかりさん
今回は長崎の紹介と あかりさんのカフェ(こちらは26聖人で有名な西坂町にあります)
のオリジナルマフィンを持って行くと噂に聞いております・・・ 楽しみ

 
ゆとり炉さんは 陶芸教室とギャラリーを運営しながら 作家活動もされている田崎さん
ご存知の方も多いかとおもいますが すごいんです・・・何がって?
見たらイチコロですから・・・ 是非見にいらしてください

harupizzaさん 今回残念ながらお仕事の都合で ご本人は欠席なのです・・・が!!
ピザが来ます!本当においしいんです。何だか心が豊かになる そんなハルピザさん

竹山くんといえば諏訪の杜 諏訪の杜といえば竹山くん
お酒を愛する竹山くんが紹介する 長崎のお酒
当日は試飲と受注会になるみたいです

Petit a petitさんは 平戸のお菓子屋さん
以前お店にお邪魔したときに 私たち夫婦は ケーキを一瞬にしてたいらげてしまい・・・
恥ずかしい思い出に勝るおいしさです おいしいだけじゃなくて 愛おしい程かわいいのに
やっぱりおいしい!が勝るのか パクパク と いっちゃいます ごめんなさい

坂田焼菓子店さんは 私 まだお会いしたことがないのです が!
ちゃっかりいただいたことがあります おいしいんです そしてこちらもまた
食べればなくなってしまうのが 切なすぎる そんなお味でした
ああ なんて楽しみなんだろう・・・ そわそわ

井手こんにゃく店さんは 佐世保のこんにゃくやさん
近所にあったらな・・・ といつもいつも思ってしまいます
スーパーでこんにゃくを買うとき 私の脳裏を井手こんさんご夫婦の笑顔が駆け抜けます
是非食べてみてください!

人町さん 今回はエチオピアモカをカップ売りするそうで ドリップの練習してました
関係ない私も隠れて練習しています(悔しいから笑)
豆は ブレンド2 と カップ売りと同じくエチオピアモカを 持って行くそうです
あとは最近完成した 自慢の箱ギフトも持って行くらしいですよ

そして 今回もDMや 会場のコーディネート その他いろんなとりまとめをしてくださっている
cariocaのなっちゃん
いつもながら脱帽です ありがとうございます

みなさんそれぞれ通常営業の中 準備を進めてきました
たくさんの方に 足を運んでいただけたら嬉しいです!

///////////////////////
ながさき色いろ日曜市場
2013.10.27日曜日
ミドリネコ舎前+2階ROUET
熊本市中央区新大江1-17-10K2ビル1F
当日の営業時間は11:00〜19:00
///////////////////////

私も新作のアクセサリーとコーヒーカップを持っていきます
チラッ



 



 

ご無沙汰していました・・・

 
10/27日曜日 11時〜19時
ミドリネコ舎前+2FROUETにて
ながさき色いろ日曜市場と題して
行商へいってまいります

熊本市中央区新大江1−17−10K2ビル1F

人町さんも出店ということで
アクセサリーの他に コーヒーカップも持って行く予定です

なかまと一緒に自分のお店や商品を紹介しながら 長崎という町の空気感のようなものが
伝わるといいなーと思います

あの時熊本でお会いしましたよね!と 
めがね橋あたりでバッタリ再会して みんなのお店や工房を案内して・・・
そんなこともあるかもしれない

とにかく 楽しく いってきます

////////////////////////////////

Hostel AKARI
ゆとり炉
珈琲人町
harupizza
諏訪の杜
petit a petit
坂田焼菓子店
井手こんにゃく店
carioca
やきものと彫金 KHAKI









  

ありがとうございました







毎年年末に仕事場を一掃して
作品をディスプレイします
今年で3回目

実を言うと今回は私にとって 節目の展示でもありました

あなたは器や花器も作るの?
アクセサリーは? と質問を受けます

私にとって やきもの とは
器でなければならない という意識がありません

何かを作り出す手段が 土 であったということ


陶芸 を仕事として始めるにあたり 
1つづつ 手の届くところからやっていった結果
私の もの作りの出発は 土(陶)を使った アクセサリーをつくることでした

小さな窯で 土と釉薬のテストを 山のようにしました

ひとりよがりではなく
色んな方に身につけていただけるアクセサリーを作らなくちゃ

アイデアは 泉のように湧いてきます

すこしづつ手馴れてきて 欲もでてきます
すると 作らなきゃ という意識ばかりになって いつの間にか
どこか作業的に 物つくりをしている私がいました

もっと大らかに
土の表情をよく見よう
釉薬のしがらみを取り払おう
空間を楽しもう
未熟な質感を 1つの作品として存在させるにはどうしたらいいだろう

今回の素焼きの作品は 忘れかけていた 感じることを取り戻す
そんな作品作りになりました

誰かがこんなことをいっていました

感じたものを作ることは
ひとりよがり 自己満足に終わる 閉じた喜びではない
他の人に たっぷりおすそ分けできるほどの あふれる喜びである

本当に楽しく作れた今回の展示

お花屋さんが 私のわがままにつきあってくださったこと
すてきなDMを作ってくださった(いつもわがまま言い放題のわたし)T氏の腕前
毎晩夜中まで仕事をしていた私を いつも通り支えてくれた家族
まわりで応援してくださった方々のおかげだと思います

ご来場くださった皆様に 心よりお礼申しあげます
ありがとうございました




 


いよいよ明日からです



素焼きで完結するなんてできるのかな・・・
そう思いながらも 明日をむかえることになりました

私にとって とてもかんがえさせられた 今回の作品展
陶芸ってなんだろう
土を焼くって何なのだろう
どうして この形なんだろう

あせったり 背伸びしたり
そうしているうちに 手先で仕事をしていたきがします

そんなことを気付かせてくれた今回の仕事

土を低温で焼いただけの
素朴な何かがあると思っています



もうすぐ

 

作品展まであと少しとなりました
今回は 素焼きのオーナメントをたくさん作りました
飾る方のアイデアで 色んな使い方ができるものばかりです

どうぞお楽しみに!

シルバーアクセサリーも 素敵です!

だんだんと寒さが 冬 らしくなってまいりました
作品展も 指折り数える程に・・・

今日は福岡の彫金作家 永木とも子さんの作品が届きました

本当は会期中まで お楽しみにしておきたかったのですが
ちょこっとだけ・・・



写真の石は ボルダーオパール といわれ
オーストラリアのボルダー地方で取れる石です
別名は 母岩オパール
写真では分かりにくいのですが 不透明で茶色の部分が母岩です

ひとつひとつ 表情が異なり 美しくも強さがある
そんな ボルダーオパールを より素敵にみせる 銀の装飾

世界にひとつしかない 贅沢なアクセサリー
どうぞ 今回の作品展 合わせてお楽しみいただけると 幸いです


お知らせ



 
やきものと彫金KHAKI
2012の仕事
素焼きのオーナメントを作りました
12/1(土)〜12/7(金)
11:00-18:00
長崎市出島町10-15日新ビル206

////////////

素焼きとは、釉薬のかかっていない丸裸の土で
水分が抜け、焼き締まる前の段階。
陶器としては未熟なものだと思います。

だけど、人間の持つはるか遠い記憶のせいか
どこか懐かしく、何でもないモノだけれど
お守りのような温かさを感じます。

年の終わりを、そして始まりを。
小さな希望と一緒に
飾っていただければ幸いです。

//////////////

期間中
福岡の彫金作家
永木とも子さんの新作も展示販売いたします

/////////////

今年も出島の仕事場にて作品展をします

製作、準備の為、開催日まで
お店としての営業はお休みさせていただきます



あたらしい記事

もくじ

KHAKIと私について

コメント

これまでの記事

ブログ内検索

そのた

携帯で見る

qrcode